インスタグラムにも足跡機能がある?バレる場合とバレない場合を徹底解説

足跡

最近、友人からこんな質問をされました。

「元カレがインスタをしていて、行動が気になるんだけど足跡機能とかないよね?」

はい。即答できませんでした!

そこで今回このインスタグラムの記事を書くにあたり、インスタの足跡機能について徹底的に調べてみようと思います。

インスタグラムに足跡機能あるのか、インスタは検索したら足あとがバレるのか?

その真相に迫って行くのでぜひ気になっていた方は参考に読んでみて下さい。

インスタグラムに足跡機能はなし!

インスタグラム

先に結論を言ってしまうと「インスタグラムで検索されたことを確認する機能」や「足あと機能」はありません。これはiphoneもandroid、もしくはパソコンでインスタを利用しても変わりません。

しかし、インスタである使い方をしてしまうと、閲覧した相手がわかってしまう(足あと)ことがあります。

まずはインスタを利用する上で基本、「足跡が残る機能は現在ない」という仕組みになっているようなので安心してください。

ではどのような時に、相手に自分が閲覧したことがわかってしまうのでしょうか?

その原因をこっそり解説していきます。

これを知っていれば、相手に痕跡を残すことなく閲覧することが出来ます。

検索した事が相手にバレるパターン

インスタグラムで検索

インスタグラムでチェックしたことがばれてしまうパターンをご紹介します。

①うっかり「いいね!」を押してしまった

このうっかりいいね!を押してしまうアクシデントはよくあります。
インスタグラムは、サイト上の画面をダブルクリックするといいね!がつくようになっているので注意が必要です。
さらにタイムラインのメッセージを見ながらスクロール中に知らずにもしくは間違ってタップしてしまい、いいね!を押してしまうことも・・。

いいね!が付くと相手に通知が行くので閲覧したことがばれてしまいます。もちろんうっかりコメント欄になにか書いてしまった場合も…厄介な点ですよね。
人気があり多くのいいね!がつくアカウントならすぐに解除すればバレないかも知れませんが、いいね!が少ないアカウントなどで、いいね!が消える前に相手が気づいてしまえば終わりです。

②間違ってフォローしてしまった

「いいね!」のほかに間違ってフォローしてしまう場合もあります。
人物を検索すると一覧がでてきて「フォローする」というボタンが右側に出てきます。
スクロールしている最中に間違ってつい押してしまいフォローを追加していることも!
これもよくあるアクシデントなので注意した方がいいでしょう。

③ストーリー閲覧する

インスタグラムにはストーリー機能というものがあります。ストーリー機能を使って公開すると、その投稿自体は24時間で消えてしまいます。
友人がストーリーを投稿すると、友達のプロフィールのアイコンが自分のフィード画面の上の部分に表示されます。このストーリーを閲覧した場合、インスタグラムカラーから灰色に変化します。
ストーリーを投稿した方は、ストーリーを閲覧した人をストーリーごとに確認できるようになっています。
これはストーリー管理画面から閲覧ユーザを調べることが出来ます。

ストーリーの閲覧は注意十分に注意しましょう。

④ライブ動画の視聴

インスタグラムのライブ動画では動画配信に参加してくれたユーザーの名前を、動画を配信した方はリアルタイムで確認できます。
もちろん、ライブ配信をしているユーザーと視聴しているユーザーのどちらも誰が新しく視聴したのが把握できてしまうのです。
このライブ機能は、2017年2月から設定され国内でもサービスの提供が開始されました。

ダイレクトメッセージ(DM)の閲覧

インスタグラムのダイレクトメッセージでは、LINEと同じように送信者からのメッセージを受信してスレッドを開いて確認してしまうと、送信者側の送信したメッセージの下に「既読」がつきます。送信者は既読がついたことによって、相手がメッセージを読んだことを知れるので、これも一種の足跡機能だと言えるでしょう。

ダイレクトメッセージの消える写真・動画の閲覧

インスタグラムのダイレクトメッセージでは、写真や動画を送信する際に、相手が閲覧すると写真や動画が自動的に消える機能を持たせることができます。(設定によっては2回閲覧すると消えるようにすることもできる。)インスタグラム上に、送信した写真や動画を残したくない時に便利な機能です。

ただし、受信者側は注意が必要です。消える写真や動画を閲覧すると、送信者のダイレクト画面で「開封済み」(iOS)または「既読(Android)」と表示されるので、足跡を残してしまいます。

ダイレクトメッセージの消える写真・動画のスクリーンショット

閲覧すると足跡を残してしまうダイレクトメッセージの消える写真・動画は、スクリーンショット撮影をしても相手のダイレクト画面に、「スクリーンショット撮影済み」と表示されてしまいます。送信者が詳細を調べると、撮影をした時間まで知ることができます。

ですので、相手が送った写真や動画が消えるからといって、スクリーンショットを撮ってしまうとその事実がバレてしまうので要注意です。

タグ付け

インスタグラムのフィード投稿やストーリー投稿で、相手のアカウントをタグ付けしてしまうと、タグ付けしたことが相手に通知されます。

フィード投稿の場合はタグ付けされた人のアクティビティに通知され、ストーリー投稿の場合はダイレクトメッセージで通知が届きます。

検索したことがばれないパターン

インスタグラムで検索

では逆にインスタグラムで検索したことがばれないパターンも見ていきましょう。

①プロフィールを見る

ログインして相手のプロフィールを検索し閲覧しても、検索したこと閲覧したことなどの履歴が残り相手に分かることはありません。

②写真や動画の閲覧

写真や動画投稿を閲覧しても足跡が付くことはありません。
さらに、写真や動画を保存しても保存したことが相手にわかることもありません。
しかし閲覧中に間違って「いいね!」を押してしまうと相手に通知がいってしまうので、操作ミスだけは注意しましょう。

③投稿をシェアする

インスタグラムの投稿をフェイスブックやTwitterに共有したり、投稿のURLのコピーをしてもその内容は自分に限定で相手に通知はされません。
また画像を自分の携帯に保存したことも相手には分からずに行う事が可能です。

これらは相手にバレることも、足跡つくことはありません!
上記の対処の方がバレそうな気もしますが・・・気づかれないので安心してくださいね。

友人にも伝えたところ、安心してページを見ることが出来るといっていました。
今後も足跡機能や検索機能が変更されできる見込みはなさそうです。

ハイライトの閲覧

インスタグラムのストーリー投稿は24時間経過すると、ストーリーズトレイから削除されてしまいますが、「ハイライト」にすれば、自分のプロフィール画面上でストーリーを公開し続けることができます。

ストーリー投稿を閲覧すると足跡が残ってしまいますが、投稿から24時間経過したハイライトは、何回閲覧しても相手にバレることはありません。
ただし、ストーリー投稿から24時間以内にハイライトされたストーリーを閲覧した場合は、たとえハイライトであっても足跡がついてしまいます。

通常投稿やストーリー投稿のスクリーンショット

通常の投稿やストーリー投稿をスクリーンショットしても、相手にバレることはありません。ただし、ダイレクトメッセージの消える写真や動画に限っては、前述した通りスクリーンショット撮影すると足跡が残ってしまいます。

投稿の保存

インスタグラム上の投稿の画像や動画を保存しても、その事実が相手に伝わることはありません。相手の投稿を保存するコレクション保存(ブックマーク)もその事実が相手にバレることはありませんし、保存したコンテンツが公開されることもありません。

誰が閲覧したかわかるアプリがある?

アプリ

インスタグラムで「いいね!」をくれたアカウントや数値をみることが出来る解析アプリは存在していますが、検索したこと、足跡機能を搭載しているアプリは今のところ公式ではありません。

特にアンドロイドの場合アプリの規制が緩いため、便利な機能をうたった無料の解析アプリと言っていても、実際はアカウントを入れたら個人情報を読み取ってしまう詐欺アプリも多数存在しているようです。

インスタグラムで「足跡アプリはない」ので怪しいウェブサイトのランキングなどで騙されて、間違って詐欺アプリをダウンロードして使用しないようにしましょう。

インスタグラムの足跡についてまとめ

いかがでしたか?

今回インスタグラムで検索したことはバレてしまうのか、足跡機能はあるのかについて調べてきました。

最後はこの記事のまとめを下記に書いておきます。

・インスタグラムに足跡機能や検索が相手にバレる機能はない
・特定の行動によって相手に閲覧したことがわかってしまう
・通常の投稿を見たり、プロフィールを見るということは相手にはわからない
・操作ミスで相手に閲覧したことがバレてしまうこともある

以上4つがまとめとなります。

インスタグラムに足跡機能はありませんが、くれぐれも操作ミスだけには注意しましょう。