インスタグラムのアカウント削除(退会)の方法を分かりやすく解説【2020年版】

インスタグラム 退会(アカウント削除

インスタグラム(Instagram)では自分のプライベートな部分を発信するので、突然「アカウントを他の人に見られたくない」と思う方もいるのではないでしょうか?

しかし、インスタグラムの退会方法は分かりにくくなっています。

今回の記事では、インスタグラムのアカウント削除方法を画像付きで分かりやすく解説しています。

また、アカウントを復帰させる可能性がある人のための機能「一時停止」についても解説しているので、該当する人はぜひ参考にしてみてくださいね。

インスタグラムのアカウント削除方法

インスタグラムのアカウント削除方法

最速で分かる!インスタグラムのアカウント削除方法【2020年8月版】

  1. ブラウザからインスタグラムにログインしアカウント削除ページ
  2. 「アカウントを削除する理由」を選択
  3. 続けてパスワードを入力して、アカウントを完全に削除

すぐにアカウント削除したい人はこの手順でやってみてくださいね!

インスタグラムのアカウント削除(退会)する前に気を付けたい点

インスタグラムのアカウントを削除する前に、以下の注意事項を確認しておきましょう。

本当に削除していいのかもう一度考えてみよう

インスタグラムのアカウントを削除すると、そのアカウントに二度とログインできなくなり、インスタグラム上に投稿した写真や動画などの情報も全て消去されます。ですので、削除しようとしているアカウントで、今後復帰する可能性が少しでもある人は、削除すべきではありません。

またアカウントを削除すると、そのアカウントと同じユーザー名が使えなくなります。

アカウントには「削除」と「一時停止」がある

インスタグラムでは、アカウントの削除以外に「一時停止」という機能があります。一時停止を行うと、他のユーザーからは削除した場合と同じように、アカウントの検索や投稿した写真・動画の閲覧ができなくなります。しかし削除した場合と違って、データはサーバー上に残っているので、もう一度ログインすると復帰できます。

一時停止は、「自分のアカウントを他のユーザーに見られたくないけど、二度とそのアカウントにログインできなくなるのは嫌だな」という人におすすめの機能です。

ログアウト・アンインストールは削除(退会)ではない

ログアウトやアンインストールは、自分のアカウントの情報がインスタグラム上からなくなるわけではないので、削除(退会)にはなりません。

なので、ログアウトやアンインストールを行っても、他のユーザーから投稿した写真や動画は今まで通り閲覧されます。

インスタグラムのアカウント削除(退会)の手順を分かりやすく解説

削除したいアカウントに復帰する可能性がない人は、以下の方法を実施してください。

ブラウザからインスタグラムにログインしアカウント削除ページへ

インスタグラムのアカウントの削除は、アプリからできないので、ChromeやSafariなどのブラウザで削除したいアカウントにログインする必要があります。

下記のリンクから、インスタグラムのアカウント削除ページに飛べます。
アカウント削除ページ

複数アカウントを持っている人は、ログインできたアカウントが、削除したいアカウントであるのか確認しておきましょう。

「アカウントを削除する理由」を選択

「アカウントを削除する理由」を選択

アカウント削除ページに進むと、「アカウントを削除する理由」を尋ねられるので、該当する理由を選択しましょう。

続けてパスワードを入力して、アカウントを完全に削除

続けてパスワードを入力して、アカウントを完全に削除

「アカウントを削除する理由」を選択すると、パスワードを入力する欄が現れるので、削除したいアカウントのパスワードを入力しましょう。

インスタグラムのアカウント一時停止の手順を分かりやすく解説

アカウントを一時的に休止させたい人は、以下の一時停止の手順を実施してください。

ブラウザからインスタグラムにログインする

インスタグラムのアカウントの一時停止は、削除する場合と同様にアプリからできないので、ブラウザ版のインスタグラムにログインする必要があります。

自分のプロフィールページにある「プロフィールを編集」をタップ

自分のプロフィールページにある「プロフィールを編集」をタップ

自分のプロフィールページのアイコンの横にある「プロフィールを編集」をタップします。

「アカウントを一時的に停止する」をタップ

「アカウントを一時的に停止する」をタップ

プロフィール編集画面の一番下の「アカウントを一時的に停止する」をタップ。

「アカウントを停止する理由」を選択し、パスワードを入力

「アカウントを停止する理由」に該当するものを選択し、パスワードを入力して、画面下の「アカウントの一時的な停止」と書かれたボタンをタップすれば、アカウントの停止完了です。

これで他のユーザーからは、アカウントが削除された時と同じ状態で表示されます。アカウントを復活する時は、アプリからもう一度ログインするだけです。(停止後、数時間は復旧できないようです。)

削除(退会)する前にデータをバックアップする方法

インスタグラムのアカウントを削除すると、インスタグラム上からそのアカウントのデータが消去されるので、投稿した写真や動画は二度と閲覧することができません。アカウントを削除してもデータを取っておきたい人は、削除する前にデータをバックアップしておきましょう。

インスタグラムには、自分がこれまでシェアしてきた写真・動画・ストーリーやダイレクトメッセージ(DM)などの情報を、一括でダウンロードする機能があります。

手順は簡単で、以下の通りです。

  1. Instagramのアプリを開く
  2. 自分のプロフィール画面の右上のアイコンをタップ
  3. [設定]→ [セキュリティ] → [データをダウンロード] の順に進む
  4. データの取得に使用するメールアドレスを入力

自分のアカウントが勝手に削除(退会)された場合

インスタグラムのアカウントを削除したわけでもないのに、突然アカウントが消えてしまうことがあります。その際に、考えられる主な原因は以下の3つです。

  • ・インスタグラム側の不具合
  • ・アカウントが乗っ取られて削除された
  • ・アカウント停止

インスタグラム側の不具合やアカウント停止の場合は、時間を置いたり、停止の解除をすることで対処できます。しかし、アカウントが乗っ取られて勝手に削除された場合は、残念ながら復旧することができません。二段階認証を設定するなどして、未然防止を行いましょう。

まとめ

今回はインスタグラムのアカウントの削除に関する情報でしたが、ポイントをまとめると、

  • ・インスタグラムのアカウント削除は、二度と復帰できない
  • ・アカウントの一時停止は、ログインすれば復帰できる
  • ・ログインやアンインストールでは削除できない
  • ・アカウントを削除する前に、バックアップを取ろう

インスタグラムのアカウントを削除したい際は、一時停止をする選択もあります。一時停止は、削除した場合と同様に他のユーザーに自分のアカウントの閲覧がされない上に、復帰したい場合でもログインすれば、すぐに復活させられます。もし完全削除する場合は、本当に削除していいのか、バックアップは必要なのか、よく考えてするようにしましょう。