新Facebook広告の「コレクション広告」 モバイルショッピングに最適

facebookコレクション広告 画像

モバイル機器の普及で消費者がショッピングする場所は、オンラインの割合が増加しています。ショッピング専用のECサイトだけでなく、日ごろ消費者がコミュニケーションの場として活用するソーシャルメディアも買い物をするプラットフォームとして活躍。ウェブ上の幅広いプラットフォームをショッピングの場として活用できるようになりました。

モバイル機器からショッピングすることを見越して、購入までのプロセスをシームレスでスピーディに設計することが求められています。モバイル機器に合わせて直感的に操作でき、使いやすいプラットフォームを利用することで消費者の関心を引きつけることが可能。ターゲット層を獲得して売上や認知度増加といったコンバージョン率の向上が期待できます。

モバイルに特化したショッピング体験ということを考えておすすめしたいのは、2017年3月に公開されたFacebookの新広告フォーマット「コレクション広告」です。Facebook上に表示される広告でありながら、モバイル上のショッピング体験をさまざまな機能で強化します。

コレクション広告とは

コレクション広告画像

コレクション広告とは、モバイルのみに表示されるFacebookの広告フォーマットです。スマートフォンなどのモバイル機器からFacebookにアクセスすると、ニュースフィードにコレクション広告が表示されます。

コレクション広告ではまず、メインとなる画像か動画が1枚大きく表示されます。その下に4枚の商品画像が表示されて、それ以外の画像は「more」をタップすることで閲覧可能です。商品画像は最大50枚掲載できます。枚数が多くてもFacebook内で素早く読み込まれるため、ユーザーはシームレスにショッピングを続けることが可能。表示速度の速さはユーザーの離脱率に大きく関係します。スピーディに画像を表示することで、ターゲット層獲得に役立ちます。

商品の写真をタップするとモバイルサイトや商品の詳細ページに移動。商品に興味を持ったユーザーに詳細な情報を提供します。ウェブサイトや詳細ページを閲覧するということは、購入意欲の高い消費者だと考えられます。コレクション広告はアクションを起こしたユーザーに適切な情報を提供するのでコンバージョン増加に効果的です。

動画と画像の組み合わせが効果的

動画と画像の組み合わせ

コレクション広告最大の特徴は、目につきやすい動画と画像でユーザーを引きつける点です。特にメインビジュアルの設定は重要で、このビジュアルを活用することでさまざまなアプローチができます。

特にお勧めしたいのはメインビジュアルを動画にして、動画で紹介した商品の画像を掲載すること。たとえば次のような活用方法があります。

  • ファッションショーの動画をメインビジュアルにして、モデルが着用している服の画像を掲載。その場で購入できるようにする。
  • CMやプロモーション用の長編動画をモバイルに最適化してメインビジュアルに設定。動画内の関連商品を掲載する。
  • チュートリアルやハウツー動画をメインビジュアルに設定。動画内で使用した商品画像を掲載して売上アップを狙う。
  • セール品や新製品の紹介動画をメインビジュアルにする。紹介した商品を掲載して効率よく見て欲しい製品をアプローチ。

【活用例1】コレクション広告でインフルエンサーを活用

ここからはメインビジュアルを活用した詳細な例を紹介します。最初に紹介する例はインフルエンサーを起用してコレクション広告を作成することです。

プロモーションしたい製品がある場合は、ターゲット層に適したインフルエンサーを起用するのがおすすめです。インフルエンサーはソーシャルメディアで影響力を持つので、タレントを起用した場合よりも多くのオーディエンスにアプローチできる可能性があります。メインビジュアルに設定する動画で製品の紹介をしてもらって関連商品を広告に掲載しましょう。興味を持ったユーザーがすぐに商品ページにアクセスして、シームレスなショッピング体験ができます。

【活用例2】コレクション広告でCM効果を倍増

キャンペーンサイトで使用した動画やCMを活用して、コレクション広告を作成するという方法もあります。まずモバイル用に動画を最適化しましょう。最適化した動画をメインビジュアルに設定して、動画内でプロモーションした関連商品を広告に掲載します。こうすることで別の場所で商品を知って気になっていたユーザーに商品の購入を促すことが可能。ユーザーが商品を目にする機会を増やすことで、アクションを起こすきっかけを増やします。

コレクション広告を作成するときのポイント

コレクション広告はメインビジュアルと掲載する広告の商品写真を組み合わせた広告です。メインビジュアルの活用と素材の組み合わせが多くの消費者を引きつけるポイントになります。ここでは消費者を引きつけるコレクション広告作成のポイントを紹介します。

ストーリーを伝える

最近では、商品誕生の背景や利用者の物語など奥深いストーリーをとおして商品のアプローチをする「ストーリーテリング」という手法をマーケティングに取り入れることが多くなりました。ストーリーを伝えることで消費者は購入した後のイメージを持ちやすくなり、購入といったアクションにつなげやすくなります。

ストーリーをとおして商品を伝えると記憶に残りやすいという利点もあるので、少しのきっかけで購入しそうな買い物客の背中を押すのにも最適。ストーリーで企業の声を正しく伝えることができれば、企業認知度増加やブランドイメージのアップにつながります。

コレクション広告では、ストーリーを伝える動画をメインビジュアルに設定して関連商品を広告に掲載しましょう。動画を見て興味を持った購入意欲が高い消費者にアプローチできます。

テーマを伝える

特定のテーマを設定してコレクション広告を作成してみましょう。テーマは「夏のセール」や「新製品の特集」、「今月のおすすめ品」など関連したトピックにします。売上を伸ばしたいものやこれから押していきたい製品のアピールに役立つのでおすすめです。

動きのあるビジュアル

メインビジュアルには静止画も使用できますが、できるだけ動きのあるビジュアルコンテンツの使用をおすすめします。動画は静止画に比べて消費者の注意を引く効果があるので、ニュースフィードをなんとなく見ているユーザーもコレクション広告に目を留める確率が上昇。ターゲット層の獲得に効果的です。

動きのあるビジュアルコンテンツは動画だけでなく、「GIFアニメ」や「シネマグラフ」、「ループ再生」といったさまざまな形式があります。長編動画を作成する時間がないという方は、前述した3つのビジュアルコンテンツを試してみてはいかがでしょうか。

紹介する商品を1つに絞る

今まではストーリーやテーマをとおした商品のアピール方法を紹介しましたが、1つの商品を紹介して関連商品をクロスセルするという使い方もできます。まずメインビジュアルの動画で1つの商品について詳しく紹介しましょう。内容は商品の概要から使い方、利用者の声、アレンジ方法など、1つの商品に関する情報を詰め込みます。消費者は上質な情報を求めているため、ターゲット層を引き込むことに役立ちます。

1つの商品に関する詳細な情報を伝えた動画をメインビジュアルに設定したら、紹介した商品と関連商品の広告を掲載しましょう。動画で紹介した商品に興味を示したユーザーは、関連商品を気に入る可能性が高いです。ユーザーに最適な商品を提案することで、売上増加につながります。

コレクション広告のデザイン要件

ここからはコレクション広告の作成方法について紹介します。まずはコレクション広告に掲載する画像や動画のデザイン要件を見ていきましょう。掲載するビジュアルコンテンツはモバイルサイトに合わせたデザインにする必要があります。デザインの条件を守ってビジュアルコンテンツを作成しましょう。

写真のデザイン要件

写真に関する要件は、アスペクト比が1.9:1で、サイズが1,200 x 628ピクセル(推奨)。文字はテキストで90文字以内(推奨)、見出しは25文字以内(推奨)です。
画像に占めるテキストの割合を20%未満にする必要があります。もし画像にテキストが占める割合が多いとその広告は配信されにくくなるか、最悪の場合は配信されなくなります。画像にテキストを挿入するときは注意しましょう。

動画のデザイン要件

動画に関するデザイン要件は、アスペクト比が16:9または1:1で、H.264圧縮方式、ハイプロファイル推奨。さらに正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャンといった条件が並びます。音声はステレオAACオーディオ圧縮で128kbps以上を推奨しています。文字は写真と同様に、テキストで90文字以内(推奨)、見出しは25文字以内(推奨)です。

見る人をすばやく引きつけるポイントは、動画で重要なメッセージを冒頭で伝えることです。モバイルから広告を見る人は移動中に見ていることが多く、途中で見るのを止めてしまう場合があります。すぐに重要なメッセージを伝えることで必要な情報かどうかユーザーに判断してもらって、気になる人が動画を続けて見たり後から見たりできるように働きかけましょう。

コレクション広告の画像

またメインビジュアルの下に表示される4枚の画像は、異なる種類の商品画像を設定しておくのがおススメです。どういったタイプの商品が掲載されているか一目で分かるので、幅広い消費者を引きつけることに役立ちます。

コレクション広告の作成

最後はコレクション広告の作成方法を紹介します。コレクション広告は広告マネージャまたはパワーエディタから作成可能です。

参照:ヘルプセンター「広告マネージャ
参照:ヘルプセンター「パワーエディタについて

広告マネージャでコレクション広告を作成する場合

広告マネージャでコレクション広告を作成する場合の手順は次のとおりです。

  1. まずは広告マネージャを開きます。
  2. 広告の目的を選択します。2017年7月時点で、コレクション広告の目的はトラフィックかコンバージョンの2択です。選択が完了したら「次へ」をクリック。
  3. 目的に選択した項目で、目的を増やしたい場所の選択をします。「ウェブサイトまたはMessenger」か「アプリ」を選択します。 ※アプリを選択するときは、アプリ内の商品に直接リンクするのがおすすめ。
  4. ターゲット層、予算、スケジュールを設定して「次へ」をクリック。
  5. 形式でコレクション広告を選択します。※製品カタログがアップロードされていないと、コレクション広告は選択肢に表示されません。事前に製品カタログをアップロードしましょう。参照:ヘルプセンター「製品カタログについて
  6. ニュースフィードに表示するメインビジュアルを選択したら、ドロップダウンメニューから製品カタログを選択します。
  7. 既存の製品セットを選択するか、「+ボタン」を押すと新しい製品セットを作成できます。
  8. 広告プレビューの下の「モバイルニュースフィード」を選択して、コレクション広告フォーマットを表示。
  9. 「ニュースフィードに掲載する製品」では、メインビジュアル下に表示される4枚の画像を選択できます。
  10. 「注文を確定する」をクリックして完了です。

パワーエディタでコレクション広告を作成する場合

パワーエディタでコレクション広告を作成する場合の手順は次のとおりです。

  1. まずはパワーエディタを開いてください。
  2. 「広告」タブをクリックします。
  3. 「広告を作成」ボタンをクリックします。
  4. 広告に使用するキャンペーンと広告セットを選択するか、「新規作成」からキャンペーンと広告セットを新たに作成できます。
  5. 広告名を入力して「作成」をクリック。
  6. フォーマットはコレクション広告を選択します。※製品カタログがアップロードされていないと、コレクション広告は選択肢に表示されません。事前に製品カタログをアップロードしましょう。参照:ヘルプセンター「製品カタログについて
  7. 見出しと広告に表示するテキストを入力してください。
  8. ドロップダウンメニューから製品カタログを選択します。既存の製品セットを選択するか、「+ボタン」を押すと新しい製品セットを作成できます。
  9. 「ニュースフィードに掲載する製品」では、メインビジュアル下に表示される4枚の画像を選択できます。
  10. 広告プレビュー下「モバイルニュースフィード」を選択し、コレクション広告フォーマットを表示。
  11. 「変更をアップロード」ボタンをクリックして完了です。

まとめ

コレクション広告は、需要が拡大するモバイルショッピングに最適な広告フォーマットです。ウェブ上で商品の売上増加を考えているなら、取り入れてみてはいかがでしょうか。