Instagramのアフィリエイトで稼ぐ方法!大金を手にした事例

インスタグラム

Instagramは世界中の若者を中心に盛り上がりを見せ、2017年1月現在では、海外の月間アクティブユーザーが6億人を超え、毎日7,000万枚以上の写真や動画が投稿されているといいます。実はInstagramでお金を稼ぐことが出来るってご存知でしたか?
このInstagramを活用しプロのカメラマンやグラフィックデザイナーだけでなく一般の個人の方でも難しいツールなど一切使うことなく稼いでいるのです。
今回は、他のSNS同様稼ぐことができるのか?についてお答えしたく、Instagramで稼いでいる事例などを踏まえ案内していきますのでこのページを見ればすぐにでもやり方がわかり実践できます!是非参考にし、この波に乗り遅れないようにしましょう!

Instagramのおさらい

海外で人気のInstagramですが、日本国内でも20代の女性を中心としたファンが多く、月間アクティブユーザー数は最近(2017年1月現在)1,600万人を超えたと確認されています。

その背景にはiPhoneをはじめとする、ios、Andoroid端末のスマートフォン端末の普及とインターネットを利用したアプリのダウンロード、アプリによる簡単な操作で利用できることが挙げられます。

スマホを利用し画像を撮り、気に入った良い画像があれば、そのままInstagramで投稿し紹介できるので、まさにスマホ向けのアプリと言えます。

このInstagramを登録し写真投稿で実際に稼ぐことができるの?と思う方も多いと思います。

しかし、実際にInstagramを登録しすでに稼ぎ始めている方も多くいるのが現状です。

ポイントは、今流行っているからこその、Instagramのシェア・拡散力による効果があるとされており、一般の個人の方にも注目を浴び、稼ぐために登録する方も多くなってきているのです。

また、現在はPCでも普通に表示できるようになり、新規登録から検索、フォロー、投稿などが出来るようになったので更に使いやすくなったと言えます。

Instagramでお金を稼ぐ方法は3種類!

Instagramは、自分で撮影した写真をそのままアップするだけでなく、フィルタ機能を使いプロが撮影したかのように仕上げることができます。

このご自信で撮影しアップした写真を、見た方に「欲しい!」と思わせることができれば、簡単にお金に変えることができてしまうのです。

FacebookやTwitter、LINEなどのSNSとは違い写真で表現し紹介しないといけない難しさはありますが、それでも投資などせずに生活資金程度に儲ける方も多く存在し、インフルエンサーと呼ばれる方になると1回の投稿で数十万円以上儲ける方も存在するのです。

どのような作業でどのように儲けているのか仕組みを理解さえすれば、特に難しい作業をしなくとも稼げるようになるのです。

>関連記事 : Instagramを活用した副業方法とは?成功事例から学び楽しく稼ぐ!

①グッズ販売-MOBILPRINTS-

MOBILPRINTS

出典 : http://fukugyoukan.com/

MOBILPRINTSは自分のinstagramのアカウントを用いて、自分のギャラリーを開設し販売できるサービスで、
公開した写真をキャンパス・ウッドフレーム・ポスター・ポストカードなどのプリント形式で販売ができます。

「MOBILPRINTS公式サイト」

①グッズ販売-Twenty20-

Twenty20

出典 : http://kanemoukejyouhou.iinedondon.com/

こちらもMOBILPRINTSと同様にグッズ販売ができます。
自分のギャラリーに公開した写真をスマホケースやクッションとしてのグッズ販売だけでなく、
画像データとしても販売ができます。

「Twenty20公式サイト」

dl

②画像販売サイト-Snapwire-

Snapwire

出典 : http://isuta.jp/

Snapwireはウェブサービスとモバイルアプリを展開しており、、写真をお探しの企業や個人の
「こんな写真を探しています」という投稿に対し、ユーザーが、どこからでも撮影・提供できるのが特徴です。

Snapwireは日本語に対応し、直接スマホから投稿できる他、PCから直接一眼レフの写真の投稿も可能です。

dl g-play

③ブランディング

Instagramに投稿する際、ご自身のブログやFacebook・Twitterなどへ誘導しそこから写真などの商品を購入してもらう方法です。

応用次第では写真だけでなく、アフィリエイトや転売などのネットビジネスにも使え、
様々なものを購入して頂けるはずです。

ただ、注意点もあり、投稿時にリンクを貼ることができないので、リンクを貼ることができるプロフィールページを活用することが大切です。

プロフィールは管理画面からいつでも編集ができるので、自サイトなどへ誘導したい場合は有効活用し使うようにしましょう。

2017年1月現在、この手法を取り入れている方はまだまだ少ないのでやるなら今がチャンスです。

また、Instagramは低価格で広告も発行できるので、アフィリエイトに向いているとも言えます。

Instagramは、YouTubeやTwitterを追い越し、今最も勢いがあるSNSなので是非、有効活用しましょう。

Instagramを活用し稼いだ方の事例

1枚の投稿で180万円

Danielle Bernstein

出典 : http://weworewhat.com/

「Danielle Bernstein」というファッションブロガーは、フォロワー数が160万人以上いて1枚の投稿で180万円稼いだのです。

彼女のInstagramとブログでは、日常的に着ているファッションアイテムを綺麗に着こなした写真を投稿し、そのブランドや商品の買い方を説明している。これに対して、着用しているアイテムのブランド各社から報酬が支払われ、これが彼女の収入源となっている。中には、競合するブランドのアイテムは着ないでくれ、写真に写さないでくれ、と頼み込む企業まであるそうで、そういった企業はかなり高額な報酬を支払う傾向にあるそう。企業は、ひとつの写真投稿に対して最高で$15,000(約180万円)を出したこともあるらしい。

出典:Instagramに1回写真を投稿するだけで180万円を稼ぎ出す22歳がいた・・・

無職の中年が1日で60万円

1日で60万円を稼いだ彼の名前は、「Arnold Daniel」
失業中の34歳男性は、誕生日の前夜に、Instagram上にあるメッセージを載せ、1日で15000ドル日本円で約60万円もの大金を手にしたのです。
彼のInstagramアカウント(@weworewhat)のフォロワー数は2017年1月現在、13万人以上。

 34歳の誕生日の前夜、失業中だったアーノルドは来月の家賃をどうやって工面しようか悩んでいた。突然ひらめいた彼は、インスタグラムに次のようなメッセージを載せた。

 「ハロー、僕はこの瞬間に34歳になった。この日一日だけ、僕のインスタグラムにある写真(4×6サイズ)をどれでも一枚150ドルで売る。こんな大安売りはもう絶対にないと約束する。もし興味があったら、欲しい写真のスクリーンショットを僕のメールアドレスまで送ってくれ。Paypalの請求書を送る。サイン入りの写真は、その後に送るからね。簡単だろ。僕の誕生日おめでとう。みんな大好きだよ。」

 物凄い反響があった。注文が殺到したのだ。その日の終わりまでに71枚の写真が売れた。アーノルドは15,000ドル相当の注文を受け、5,000ドルを手にした。

 1,000以上の「いいね!」がついた写真なら何でも、1,000ドルの前払で買い取ると申し出た人もいた、とフォーブス誌は報道している。「スパイダーマン」や「127時間」等で有名な俳優ジェームズ・フランコもアーノルドの写真を購入した。

出典:インスタグラムで1日100万円稼いだ、NYの写真家が話題・・・

これらはInstagramを活用し稼ぎ、有名になった方の一例で、彼女たちのように人々に影響を及ぼす人物をインフルエンサーと言います。

Instagramは誰でもインフルエンサーになるチャンスがあり、まだまだ急成長を続けている段階なので、彼女たちのように応用次第ではネットビジネスをより成功させることができると言えるでしょう。

アフィリエイターの方もこの波に乗り遅れることなく活用してみてはいかがでしょうか?

【Instagram】インスタグラマーの収入は?インフルエンサーとは!?

まとめ

今回は、Instagramでお金を作る方法と実際に大金を手にした方の事例を案内してきました。

Instagramで儲ける方法はこのようにいろいろあります。しかし、必要なのはどのように応用し自分のネットビジネスに取りいれるかと、「フォロワー数を増やすこと」がとても重要です。

逆に言えば、フォロワー数を増やしさえすれば、あとは自分の応用次第で大きく稼げるはずです。

できるだけ早い段階でInstagramをビジネスに取り入れ、成功のチャンスを掴めるようにして下さい。