Instagramストーリー機能の使い方と企業による活用事例

インスタ ストーリー

現在では、代表的なSNSの1つとされるほど急成長をした「instagram」。

このインスタグラムで、2016年8月にリリースされたインスタグラムストーリー(Instagram Story)という機能はご存知でしょうか?

今回は、Instagram活用を始めたが、インスタグラムストーリーって何?どのように活用すればよいの?と言う疑問にお答えする為に、企業ごとの活用事例を踏まえ、使用方法を案内していきます。

是非参考にしInstagram運用に取り入れてみて下さい。

instagramの「ストーリー」機能とは

インスタストーリー

インスタグラムのストーリー機能は、人気アプリのスナップチャットのように、写真や動画をスライドショーのような形式で投稿できる機能で、芸能人やモデルをはじめ、企業などでも商品紹介やイベント通知などで利用される方が増えてきました。

インスタグラムでの投稿写真は、タイムライン上に並ぶので一度に多くの写真を投稿した場合、フォロワーに嫌がられてしまうこともあります。実際にそのような場面に遭遇し、「ウザいな・・・」と感じたこともあるのではないでしょうか?

そのようなお互い嫌な気分になることを防ぐことができるのがこの「ストーリー」機能です。

「ストーリー」機能を使うことで、1つの投稿に複数の写真や動画を載せることができるので、自分も相手も不快な気分にさせることなく、スマートにオシャレに投稿することができます。

稿で複数の写真や動画をアップ出来るので、フォロワーからウザがられる事も無く、何よりオシャレにスマートに投稿する事ができます。

そして、「ストーリー」機能の最大の利点とも言えるのが公開したコンテンツはシェアした時間ごとに「24時間で消える(削除)」されるということです。

投稿者がコンテンツを見ると、どれぐらい経過したかを示すが表示されており、「23時間」と表示されていた場合は、もうすぐ削除されるといった意味になります。

これは削除させたくない投稿では利点は感じないと思うかもしれませんが、面白い投稿などを続けていた場合、フォロワーは定期的にチェックする必要性があるため、自分の投稿をたくさんチェックしてもらえるチャンスでもあり、フォロワー数を増やす方法の1つとしても使えるのです。

その為、一時的な情報発信としてでなく、ECサイトを運営する上での戦略的投稿も可能なのです。

instagram「ストーリー」機能の使い方・投稿方法

ストーリー機能

「ストーリー」の投稿方法はシンプルで難しい操作も特にありません。

まず、インスタグラムのアプリをストーリー搭載のバージョンにバージョンアップさせると、
画面上部左上に「+」アイコンが表示されます。

「+」アイコンをタップすると撮影モードを選ぶ画面になりカメラが起動するので通常どおり写真や動画を撮影します。

最後に中央下部に表示されている「↑」アイコンをタップするとストーリー投稿ができます。

撮影モードで選べるメニュー

撮影モードもただ写真や動画を取るだけでなくさまざまな機能が使えます。

ブーメランモード機能

「BOOMERANG」を選択し動画を撮影すると、

逆再生されるショートムービーを作ることができます。

ハンズフリー機能

ハンズフリー機能を有効にすると、

撮影ボタンを押し続ける必要がなく、動画を撮影できる機能です。

ライブ機能

「ライブ配信を開始」を選択すると、

リアルタイムにライブ配信ができる機能です。

簡単に開始と終了ができるお手軽ライブ配信機能と言えます。

また、これらの機能以外にも、「位置情報」を貼り付けたり、「スタンプ」を載せたり、「文字」「腺を引く」「フィルター」をかけるなど今までの機能を応用し使うことができます。

投稿したストーリーは24時間で自動的に削除されますが、ご自信で削除をされたい場合は、画面右下の「…」メニュー欄から「削除」を選択し自由に削除することもできます。

ストーリーは「非公開」にすることも可能

ストーリーを作成すると基本、全てのユーザーに公開されフォロワーの方にも通知されてしまいます。

しかし、表示させたくないような相手がいる場合は、

画面右上のメニューアイコンから「ストーリーを表示しない」を選ぶことで、ユーザー指定で非公開に設定することができます。

ストーリー機能は足跡も確認できる

投稿したストーリーを相手が再生すると、画面左下に「目のアイコン」が表示されます。

このアイコンをタップすると、ストーリーを再生したユーザー情報が、リストで表示されます。

通常の投稿画像のように「いいね!」などの機能がないため、相手が再生してくれた段階で足跡とし記憶され確認が取れるので非常に便利な機能と言えます。

もし、特定の相手に見られたくないようなストーリーの場合は、非表示にする「非公開設定」などをうまく変更・応用し使う必要があります。

Instagramはストーリーの新機能

2016年11月。Instagramはストーリーのリリース以来過去最大となる更新、バージョンアップを行いました。

最近追加された機能で最大の特徴は「URLリンクの挿入」で、FacebookやTwitter、LINEなどのSNSと違い、URLの記載がインスタグラムでは出来なかったのですが、ストーリーにインスタグラム内から関連サイトを開けるURLリンク挿入が可能となったのです。

他にも友達の「タグ付け」機能が追加され、投稿者は「@マーク」を入力し、付加することで、他のInstagramユーザーをタグ付けできるようになりました。

また、Instagram ストーリーの中から、ループする1秒間のビデオを作ることができるスタンドアローンのアプリの「Boomerang」が呼び出せるようになりました。開き方も簡単で、スマホから新しいStoryの作成画面(通常の写真とビデオを撮影できる)を開き、スワイプでBoomerangモードに切り替えることができます。

URL機能だけはまだ、身元を確認されたアカウントだけが利用できる機能ですが、恐らく今後のバージョンアップで誰でも使えるようになる可能性はあります。

ストーリー画像や動画の保存方法

インスタの画像や動画を保存するアプリは「PhotoAround」、「Google+」などいろいろとありますが、ストーリーには対応していません。

その為、ストーリーの画像や動画を保存するには、

  • 録画アプリを使う
  • PCで再生し保存する

このような方法が必要となります。

録画アプリはスマートホンの画面をそのまま録画してくれるアプリですが、ios、Andoroidどちらも対策が厳しく、通常のアプリストアからはダウンロードができません。自己責任で試したいのであればブラウザ検索をかければダウンロードは可能です。

その為、一番簡単な方法となると、PC版のインスタグラムを使った方法になります。

スマホでインスタグラムの登録が済んでいれば、PC版でユーザーネームとパスワードをすればログインができるので、後はChromeブラウザの拡張機能「Chrome IG Story」を追加するだけです。

これだけで簡単に保存ができるので、保存という概念は同じでも、スマホで提供元不明のアプリをダウンロードするよりはリスクも回避でき安全と言えます。

instagram「ストーリー」活用事例

実際に企業がinstagram「ストーリー」を活用した事例を見てみましょう。

H&M

Elevate your #style with our new arrivals. Shop the collection at hm.com! ???? #HM

H&Mさん(@hm)がシェアした投稿 –

H&M(@hm )は、2017年2月時点で投稿数が3,100件以上フォロワー数が18.7百万人と非常に多く、商品やモデルの方を配信し続けています。

このH&Mでは、モデルやインテリアデザイナーの「Camilla Deterre」さんの画像をインスタグラムの「ストーリー」で配信。

彼女のインタビューと、彼女をモデルとした洋服のコレクションをホームページ上で紹介し、より閲覧を促す効果とフォローを促す効果が期待できる方法でした。

インスタグラムのストーリー機能の利点を活かした、洋服の紹介だけでなく、フォロワー獲得にも繋げた方法と言えます。

ファッション雑誌vivi

20代を中心に、女性に大人気のファッション雑誌vivi(@vivi_mag_official )もインスタグラムの「ストーリー」機能を活用し成功しています。

主に、ファッション誌で扱うブランドのイベントの様子をストーリー機能を使い投稿し、ユーザーに関心を持たせる効果と、顧客獲得、更にはフォロワー獲得に繋がる効果が得られる方法と言えます。

ストーリー機能の24時間削除というインスタグラムならではの利点を活かすことで、アクセス頻度も増えるのでうまく活用した方法と言えます。

まとめ

まとめ
今回は、Instagramの「ストーリー」機能について企業ごとの活用事例や、使用方法を案内してきました。

ストーリー機能は特に難しいこともなく利用ができるにも関わらず、応用次第では集客やフォロワー獲得に繋がる魅力的な機能と言えます。

インスタグラムを活用したECサイトを運営する上で役立つ機能なので、是非活用してみて下さい。

tagrobo