インスタグラムのストーリー機能の使い方【2020年最新版】企業による活用事例も紹介

インスタ ストーリー

現在では、代表的なSNSの1つとされるほど急成長をした「インスタグラム(instagram)」。

今回は、Instagram活用を始めたが、インスタグラムストーリーをどのように活用すればよいの?と言う疑問にお答えする為に、企業ごとの活用事例を踏まえ、使用方法をご案内します。

是非参考にしInstagram運用に取り入れてみて下さい。

これから企業アカウントを作成しようという方は、まず
インスタグラム企業アカウントの作成・開設方法から活用成功事例」の記事を参考にアカウント作成をしてからこの記事を読み進めてみてください。

instagramの「ストーリー」機能とは

インスタストーリー

インスタグラムのストーリー機能は、人気アプリのスナップチャットのように、写真や動画をスライドショーのような形式で投稿できる機能で、芸能人やモデルをはじめ、企業などでも商品紹介やイベント通知などで利用される方が増えてきました。

インスタグラムでの投稿写真は、タイムライン上に並ぶので一度に多くの写真を投稿した場合、フォロワーに嫌がられてしまうこともあります。実際にそのような場面に遭遇し、「ウザいな・・・」と感じたこともあるのではないでしょうか?

そのようなお互い嫌な気分になることを防ぐことができるのがこの「ストーリー」機能です。

「ストーリー」機能を使うことで、1つの投稿に複数の写真や動画を載せることができるので、自分も相手も不快な気分にさせることなく、スマートにオシャレに投稿することができます。

稿で複数の写真や動画をアップ出来るので、フォロワーからウザがられる事も無く、何よりオシャレにスマートに投稿する事ができます。

そして、「ストーリー」機能の最大の利点とも言えるのが公開したコンテンツはシェアした時間ごとに「24時間で消える(削除)」されるということです。

投稿者がコンテンツを見ると、どれぐらい経過したかを示すが表示されており、「23時間」と表示されていた場合は、もうすぐ削除されるといった意味になります。

これは削除させたくない投稿では利点は感じないと思うかもしれませんが、面白い投稿などを続けていた場合、フォロワーは定期的にチェックする必要性があるため、自分の投稿をたくさんチェックしてもらえるチャンスでもあり、フォロワー数を増やす方法の1つとしても使えるのです。

その為、一時的な情報発信としてでなく、ECサイトを運営する上での戦略的投稿も可能なのです。

instagram「ストーリー」機能の使い方・投稿方法

ストーリー機能

「ストーリー」の投稿方法はシンプルで難しい操作も特にありません。

インスタグラムを開き、ホーム画面の状態から右にスワイプスすると、撮影モードを選ぶ画面になりカメラが起動するので、写真や動画を撮影します。

最後に左下部に表示されている自分のアイコンマークをタップすると、ストーリー投稿ができます。

作成モードで選べるメニュー

ストーリーの「作成」を選択すると、下記のような様々な機能を楽しむことができます。

● タイプモード

タイプモード

「作成」機能内にある「タイプ」を選択すると、画像のように文字を自由に打ち込むことができます。

ストーリーに掲載する写真や動画はないけど、文章だけ打ち込みたい時に活用できます。

● カードモード

カードモード

「作成」機能内にある「カード」を選択すると、画像のように誰かに送れるカードが表示され、@マークのところに送りたいユーザー名を入力すると、相手にも通知がいきます。

カードモード

画面上のサイコロマークが表示されているところをタップすると、違うデザインのカードに切り替わります。

友達の誕生日や記念日をお祝いするときなどに使うといいですね。

● GIFモード

GIFモード

「作成」機能内にある「GIF」を選択すると、可愛いアニメーションが表示されます。

GIFモード

「GIPHYを検索」をタップし、表示したいGIFのキーワードを検索すると、キーワードに関連したGIFが複数表示されます。

表示されたGIFには、文字を打ち込むこともできます。

● 過去のこの日

過去のこの日

「作成」機能内にある「過去のこの日」を選択すると、過去の同じ日付に投稿したストーリーやその日付にフォローしたユーザーが表示されます。

この機能を活用することで、思い出を振り返るストーリーを作成できます。

● クイズ

クイズ

「作成」機能内にある「クイズ」を選択すると、2択から4択までのクイズを作ることができます。

● カウントダウン

カウントダウン

「作成」機能内にある「カウントダウン」を選択すると、指定の日時までの残り時間をカウントダウンしてくれます。

タイトルの上をタップすると、タイトルを編集することができ、残り時間の上をタップすると日時を編集することができます。

● 寄付

「作成」機能内にある「寄付」を選択すると、非営利団体の募金活動のお手伝いをすることができます。

ここで募集して集まったお金の全額が非営利団体に直接送られるため、簡単に募金活動に貢献することができます。

● 質問

質問

「作成」機能内にある「質問」を選択すると、自分をフォローしているユーザーから質問を募集することができます。

また、「質問はありますか?」の部分をタップすると、編集することができるので、こちらから質問を投げかけることもできます。

● アンケート

アンケート

「作成」機能内にある「アンケート」をタップすると、2択で答えられる内容のアンケートを作成することができます。

「質問を投稿…」の部分をタップするとアンケート内容を編集することができ、「はい」「いいえ」もタップすると編集することができます。

撮影モードで選べるメニュー

撮影モードもただ写真や動画を取るだけでなくさまざまな機能が使えます。

● ブーメランモード機能

「BOOMERANG」を選択し動画を撮影すると、

逆再生されるショートムービーを作ることができます。

● ハンズフリー機能

ハンズフリー機能を有効にすると、撮影ボタンを押し続ける必要がなく、動画を撮影できます。

● ライブ機能

「ライブ配信を開始」を選択すると、リアルタイムにライブ配信ができます。

簡単に開始と終了ができるお手軽ライブ配信機能と言えます。

● レイアウト機能

「レイアウト」を選択すると、簡単に写真をコラージュすることができます。

レイアウト機能

まず、画面が画像のように分割された状態に切り替わります。

その場で撮影したい場合はこのままシャッターボタンを押して撮影してください。

レイアウト機能

また、撮影画面で下から上にスワイプすると、カメラロールが開き、既にカメラロールに保存済みの写真を使ったレイアウトを作ることもできます。

レイアウトは2分割から6分割まで選択できます。

● スーパーズーム機能

「スーパーズーム」を選択すると、動画の撮影中に中心付近がグッと拡大されるエフェクトを使用できるようになります。

印象的なズームができるだけでなく、イラストや音楽も設定されているので、面白い雰囲気の動画を作ることができます。

● エフェクト機能

エフェクト機能

ストーリーを開いてすぐの写真を撮る画面か、「ハンズフリー」の状態から、シャッターボタン周りのエフェクトを選択すると、色々な種類のエフェクトを楽しむことができます。

エフェクトを追加したい場合は、エフェクトギャラリーを一番右までスワイプし、虫眼鏡マークの検索ボタンをタップして、エフェクトのキーワードを検索しましょう。

また、これらの機能以外にも、「位置情報」を貼り付けたり、「スタンプ」を載せたり、「文字」「腺を引く」「フィルター」をかけるなど今までの機能を応用し使うことができます。

投稿したストーリーは24時間で自動的に削除されますが、ご自信で削除をされたい場合は、画面右下の「…」メニュー欄から「削除」を選択し自由に削除することもできます。

ストーリーは「非公開」にすることも可能

ストーリーを作成すると基本、全てのユーザーに公開されフォロワーの方にも通知されてしまいます。

しかし、表示させたくないような相手がいる場合は、

画面右上のメニューアイコンから「ストーリーを表示しない」を選ぶことで、ユーザー指定で非公開に設定することができます。

公開する相手も選べる

ストーリーを投稿すると非表示に設定していない全フォロワーに公開されますが、「親しい友達機能」を使うと特定のフォロワーにだけ公開することが可能になります。

画面右上のメニューアイコンから「親しい友達」を選び、公開したい相手を追加することで設定できます。

この設定を行った後に、ストーリーを作成し、画面左下部の親しい友達アイコンから公開すると、あらかじめ設定している親しい友達にだけ公開されます。

ストーリー機能は足跡も確認できる

投稿したストーリーを相手が再生すると、画面左下に「目のアイコン」が表示されます。

このアイコンをタップすると、ストーリーを再生したユーザー情報が、リストで表示されます。

通常の投稿画像のように「いいね!」などの機能がないため、相手が再生してくれた段階で足跡とし記憶され確認が取れるので非常に便利な機能と言えます。

もし、特定の相手に見られたくないようなストーリーの場合は、非表示にする「非公開設定」などをうまく変更・応用し使う必要があります。

投稿したストーリーの削除方法

投稿したストーリーは24時間で自動的に削除されますが、ご自信で削除をされたい場合は、画面右下の「…」メニュー欄から「削除」を選択し自由に削除することもできます。

Instagramはストーリーの新機能

2016年11月。Instagramはストーリーのリリース以来過去最大となる更新、バージョンアップを行いました。

最近追加された機能で最大の特徴は「URLリンクの挿入」で、FacebookやTwitter、LINEなどのSNSと違い、URLの記載が出来なかったのですが、関連サイトを開けるURLリンク挿入が可能となったのです。

しかし、この機能は「フォロワー1万人超えているユーザー」しか使うことができないので、インフルエンサーや有名人でないとほぼ使用できません。
「フォロワー1万人超えているユーザー」でさえあれば、設定や申請することなくこの機能を使うことができます。

他にも友達の「タグ付け」機能が追加され、投稿者は「@マーク」を入力し、付加することで、他のInstagramユーザーをタグ付けできるようになりました。

また、Instagram ストーリーの中から、ループする1秒間のビデオを作ることができるスタンドアローンのアプリの「Boomerang」が呼び出せるようになりました。開き方も簡単で、スマホから新しいStoryの作成画面(通常の写真とビデオを撮影できる)を開き、スワイプでBoomerangモードに切り替えることができます。

URL機能だけはまだ、身元を確認されたアカウントだけが利用できる機能ですが、恐らく今後のバージョンアップで誰でも使えるようになる可能性はあります。

Instagram ストーリーの閲覧方法

ここまでは、ストーリーを作成する側に関する知識をまとめてきましたが、ここからはストーリーを閲覧する側の知識を紹介します。

instagram ストーリーの閲覧方法

誰かのストーリーを見たい時は、ホーム画面でストーリーを見たい人のアイコンをタップします。その他のストーリーに対するメッセージの送り方や、シェアの仕方などのアクションについも詳しくみていきます。

メッセージやスタンプの送り方

相手のストーリーに対して、メッセージやスタンプを送ることができます。
メッセージやスタンプの送り方は、

  1. メッセージやスタンプを送りたいストーリーを開く
  2. メッセージやスタンプを送りたいストーリーを開く

  3. ストーリーの画面下の「メッセージを送信」をタップ
  4. ストーリーの画面下の「メッセージを送信」をタップ

  5. メッセージやスタンプを入力(「メッセージを送信」の右の「GIF」のアイコンをタップすれば、動くスタンプも送信できます。)

ここで送信したストーリーやスタンプは、DMとして送信されます。

ストーリーをシェアする方法

インスタグラムでは、自分以外の誰かのストーリーをDMで友達にシェアすることができます。ストーリーをDMでシェアする方法は、

  1. シェアしたいストーリーを開く
  2. 画面下部の紙飛行機のアイコンをタップ
  3. 画面下部の紙飛行機のアイコンをタップ

  4. DMで送信したい相手を選択して送信

ストーリーをリポストする

自分以外の誰かのストーリーを特定の友達にシェアするだけでなく、そのまま自分のアカウントにストーリーとして再シェアできる「リポスト」という機能があります。ただし、ストーリーで自分のアカウントがタグ付けされていないと、専用のアプリを使用する必要があります。
他人のストーリーをリポストするアプリ:PhotoAround

タグ付けされているストーリーの場合は、ストーリー閲覧の画面で「これをストーリーズに追加」をタップすると、リポストすることができます。

ストーリーを非表示にする

特定の人のストーリーを表示しないようにする(ミュート)機能があります。この機能はミュートしたことが相手にバレないので、気兼ねなく設定できます。
ストーリーのミュートの方法は簡単です。

  1. ストーリーを非表示にしたいアカウントのストーリーアイコンを長押し
  2. 「ミュート」をタップ
  3. 「ミュート」をタップ

  4. 「ストーリーズをミュート」を選択

ストーリーの保存方法

インスタグラムのストーリーは、アプリをダウンロードするか、ブラウザからwebサービスを利用すれば端末に保存することができます。

ストーリー保存におすすめのアプリ:PhotoAround(iPhone,Androidともに利用可)
ダウンロード・ログイン不要でストーリー保存ができるwebサービス:Insta Downloader

ストーリーやその他の写真や動画の保存の詳しい内容は「インスタグラムの写真や動画、ストーリーをダウンロードし保存する方法【2020年最新版】」を参考にしてみてください。

instagram「ストーリー」活用事例

実際に企業がinstagram「ストーリー」を活用した事例を見てみましょう。

スターバックス

スターバックス

コーヒーチェーン店として、世界中から圧倒的な人気を誇るスターバックスは、ストーリー機能を柔軟に使いこなしています。

新商品の告知や日常的なお知らせはもちろん、クイズ機能を使ってコーヒーに関するクイズを出題したり、質問機能でお客さんの疑問を解決したり。

インスタグラムに告知としての役割を与えるだけではく、ストーリーのさまざまな機能を目一杯生かして、お客さんとインタラクティブな空間を生み出しているレベルの高い活用方法です。

H&M

Elevate your #style with our new arrivals. Shop the collection at hm.com! ???? #HM

H&Mさん(@hm)がシェアした投稿 –

H&M(@hm )は、2020年8月時点で投稿数が5700件以上、フォロワー数が3564万人と非常に多く、商品やモデルの方を配信し続けています。

このH&Mでは、モデルやインテリアデザイナーの「Camilla Deterre」さんの画像をインスタグラムの「ストーリー」で配信。

彼女のインタビューと、彼女をモデルとした洋服のコレクションをホームページ上で紹介し、より閲覧を促す効果とフォローを促す効果が期待できる方法でした。

インスタグラムのストーリー機能の利点を活かした、洋服の紹介だけでなく、フォロワー獲得にも繋げた方法と言えます。

ファッション雑誌vivi

20代を中心に、女性に大人気のファッション雑誌vivi(@vivi_mag_official )もInstagramの「ストーリー」機能を活用し成功しています。

主に、ファッション誌で扱うブランドのイベントの様子をストーリー機能を使い投稿し、ユーザーに関心を持たせる効果と、顧客獲得、更にはフォロワー獲得に繋がる効果が得られる方法と言えます。

ストーリー機能の24時間削除というInstagramならではの利点を活かすことで、アクセス頻度も増えるのでうまく活用した方法と言えます。

まとめ

まとめ
今回は、Instagramの「ストーリー」機能について企業ごとの活用事例や、使用方法を案内してきました。

ストーリー機能は特に難しいこともなく利用ができるにも関わらず、応用次第では集客やフォロワー獲得に繋がる魅力的な機能と言えます。

インスタグラムを活用したECサイトを運営する上で役立つ機能なので、是非活用してみて下さい。

tagrobo