SNSマーケティング ネットショップ検索の顧客分析

SNSマーケティング ネットショップの顧客分析!

1日何回、ネットショップを見ますか。

インターネットサイト市場(ヴァーチャル)は、消費社会をどう変えるでしょう。

2015年のヴァーチャル市場は、年間の利用金額(利用者1人)21万円でした。

2016年は、19万円と(3万円減)となっています。

価格が安い商品の台頭は、市場を変えたのでしょう。

 

ECサイト市場の統計データ(経済産業省参照)

平成22年 7.8 兆円  ➡  平成27年 13.8 兆円

※実績は、インバウンドの買い物が含まれます。

 

消費社会を大きく変えて、産業構造が飛躍的にIT化されました。

ネットサイトは、12年前のスマートホーン普及前で流通業が始めた商売です。

簡単なホームページは、存在し「ホームページの脱皮」というべきでしょう。

 

一般的な消費で、年間15万円以上は高額金額ではないでしょうか。

売り手と買い手の仲介するシステムは、市場支える黒子です。

顧客の動向を、分析されてサービス向上するのかご紹介します。

 

ヴァーチャル市場の状況<消耗品商品の強み>

生活日用雑貨は消耗品部門の、主力商品であります。

買い手にとっては、行かなくても買えます。

売り手は顧客サービス充実に、広告媒体としての役目があります。

利用しやすい事は、商品サイトの使命と感じています。

理美容・医薬品・衛生商品・健康食品・文具類は共通メニューです。

 【売り手の考え】

メールサービスの画像転送は、売り手がよく悩みます。

購入利益とニーズで、統一が図れないことが問題となっています。

年間消費金額から、1回の注文で3万円以上は少ないでしょう。

 

買い物で手間な商品は、小物商品ではないですか。

企画の担当は、商品が大好きで買い手以上に大好きです。

カテゴリー別の販促戦略は、必須の拡販成功のキーポイントでしょう。

検索システムの機能<2000アイテムから簡単検索>

総合生活部門の商品掲載数は、平均3000アイテムです。

専用サイトは単価も幅があり、平均600アイテムと希少価値で勝負しています。

売り手も買い手も、探り合いを楽しみましょう。

 

金融機能付きポインカードは、サイトシステムで欠かせない道具です。

決済だけでなく、ポイントサービスの拡充から追加されました。

 

購入履歴を店舗で確認すると、短くても3分は待つでしょう。

eコマースの販売システムは、辞書検索に似た感覚と思ってください。

商品数とサイト運営コストあれこれ!

商品購入手続きは、インターネット回線と共に発展しました。

大手流通の検索サイトは、カテゴリーと商品コード・型番でアイテムが探せます。

当たり前のような検索内容、アイテムが少ない場合カテゴリー管理はロスが出ます。

 

顧客サービス用のシステムは、莫大なコストと作業管理はアイテム数に関係ない。

アイテム数が増えれば、顧客分析(CRM分析)の正確性が向上します。

 

【購入者分析のキーフレーズ】

最終購入日と計算期間利用数

価格と商品部門

顧客年齢層と性別傾向

メーカーと購入商品・カテゴリー

店舗購入とサイト購入

ポイント管理(利用と失効)

商品ランク基準と販売個数

 

上記は、分析計算の一部となります。

2000アイテム以上のサイトでは、欠かせない方程式(検索要素)です。

データセンター・システム部・クラウドサーバー担当が、分析作業と情報管理をします。

10年前の旧型CRM(顧客分析)、ビッグデータの基礎機能となります。

 

黒子のデータマイティング職人

データマイティスト、データ解析技術者(ビジネスBI)を聞いたことはありますか。

まだ、技術が未完成の業界と執筆者は認識しています。執筆者もビジネスBIの専門#

黒子のように、サイト利用者が最適な商品を選べる解析とベテランは保守管理もします。

 

データの管理と解析は、どの業界にも存在する職種です。

外部委託と社内SEが担当され、PM職が管理するケースもあります。

 

データ解析の職種と業界

物流センターの入出庫管理データ担当

店舗パックヤード(経理・物流・販促の各担当)

会計ソフトの運用サポート(一部に、税理士職寛容)

メーカーオンライン発注システムの担当者

統合パッケージ管理の担当部署(システム部)

奥で端末を触っている。人目に触れない、業務とも言えるでしょう。

ヴァーチャルとリアルの違いは、データマイティング職が必要か。

 

リアル店舗は、ベテランの販売員さんに機械計算が負けます。

店舗単位は、POSレジからデータ比較します。圧倒的に日本では主流です。

 

IT店舗というイメージが、ネットサイトでは正しいイメージとなるでしょう。

別の管理方法は、一括情報の処理方法で集約したサービス形態があります。

アイテム数が、1000アイテム以下なら一括(バッチ処理)がおすすめです。

 

2000アイテムが簡易検索、買えるしかけ ?

自動倉庫とオンライン発注

在庫管理(ERP・SAP・IOT・IT)

 

サイト管理場所の数と機能は、各社にとって最高機密です。

ITとIOTは、親戚と思っております。

ERPとSAPは、経理と生産・工程管理の役割となります。