SNSマーケティング 金融カードと会員カードの関係

インスタグラム

CRMと会員カードの多機能化!

多機能カードは、非常に便利です。

複数枚の利用が普通になって、把握は出来てますか!

平均所持枚数は、10枚以上が普通になっています#

会員カードのクレジットカード機能は利便性から生まれました。

便利なのものに成長がある&

ポイントが【-2%】手数料が、もったいない。

カードの利用は、SNSでよく利用されます。

 

副業

SNS市場で欠かせない、クレジットカード#

カード会社でないのに、クレジットカードの説明を受けます。

ポイントカードの還元率が、●●%上がりお得になりますよ$

多業種の店舗が、普通になっています。

ポイントの仕組み

カード会社は、限度額まで使ってもらい利益が出ます。

eコマース事業の本格始動から、2年程経ちました。

経営企画のある、メンバーから!

使用回数はサービス向上で、改善するでしょう。

カード会社と量販会社の、アライアンスは有効です。

企画書を上げ、システムとしてpmo役は誰に %

CRMシステムが、日本で導入されつつあった頃です。

金融システムが、開放されたのは「ここ数年」のこと。

オンラインデータの処理、サーバーセンターが主役でした。

今ではDB型サーバーが主役ですね。

DB型サーバーは、複数のプラットフォームを監視します。

導入システムの主役は、何になるの!

CRM(Customar Relatation Manegement)です!

<カスタマー リラテーション シップ> 

顧客関係管理と言い、ビッグデータの前進技術を利用します。

クラウド管理の機能を利用して、カード取引も出来ます。

SNSカード取引が本格化され、ネットショップも盛況な時代でした。

 

instagram

POSIDとPCの秘密$データ管理作業まで

モールの買い物でレジで会員カード利用します。

レジがコンパクトになった気がしませんか。

ぜひ、レジ会計は会員カードのサービスを使ったほうが便利になります。

購入履歴はまめに集め、欲しい商品が欠品防止に寄与できるかも?

DMって的を得た書類が、送られます。

 

在庫の調整にお客様の会員カードを活用される利用はなぜでしょう。

5WIHは、小売り業界で欠かせない分析項目となります。

POSと会員カードの仕組み

SNSのサイトはレジ機能と変わりません、レジとの違いは即現金でないだけです。

支払いでトラブルが出にくいのは、サイトと感じています。

ベースのタスク工程は、経路が変わるだけで大筋の機能は変わらない。

レジは単会でも部門会計と合計から、売上分析は昔からできます。

ポイント管理システムの内容を一部紹介します。

< ITアドバイス コーナー > 

会員カードは、ポイントの最新利用の以下内容を登録されます。

① 最新購入の履歴を更新し、ポイント情報の修正を手続きを自動作業

② IT通信またオンライン回線で、購入商品の多いアイテムを登録

③ 金融機関の取引情報を、専用サーバーやDBと共有リンク

④ リモートアクセスで会員カードの検索サービスも一部で可能

⑤ 商品在庫の動きをリアルタイムで、アクセスと集計補助

⑥ CSニーズの分析で有効なサービスを提供(CRM連携)

⑦ SNSサイトでは、カード認証が後確認になっています。

⑧ POSはパソコンと変わりません、情報デバイス位置付けです。

 

インスタグラム広告

会員カードの金融サービスを有効利用するには##

会員カードにクレジットとポイントが共有されたときの話です。

実経験を分かりやすくコーナーにしました。

 

《 昔のお話 》

「悪用がされ、カード年会費がもったいない。」と言われるお客様が、たくさんいました。

年会費以上の利用は、提供側の最低目標でカードの年会費以上利用してCSも得します!

ポイントが財産と認識されていなかったのが、問題の要素と思われます。

読者の皆様も、お持ちの会員カードは数年前のお店で利用していますか。

10年以上同じショップや専門店を利用するか、販売戦略で話題になったことも$

半分は新しいお店で、利用回数も変化がします。

instagram

SNSソリューションとしてのパソコンレジ&

在庫が見れるサイトとレジをご存知の方、なぜそこまで多機能か?

レジとSNSサイトの決済コストは莫大な金額は必要です。

スマートデバイスはすべてレジに、進化しました。

7年前の経済新聞の記事から、分析が出来る状況へIT化が可能になった。

やっとというのが執筆者の感覚です。

{ スマートデバイスのレジ種類 }

スマートフォーン

タブレット

ハンディPOS

< 補足 >

スマートデバイスのPOSを紹介した理由は ?

アプリが移植され、利用できるようになったのがスマートデバイスレジです。

ハンディPOSは飲食店の、リモコンのような注文でみる機械となります。

ネットワーク上で繋がっており、共有も可能となっております。

ITソリューションのサービス商品でカスタムが可能です。

お読み頂きありがとうございます。

 次回はスマートデバイスとSNSテクノロジー !

● 来週また追加します+お楽しみに!!