SNSマーケティングスマートデバイス技術とネットショップ

スマートデバイス技術とネットショップ

ネット通販は、スマートデバイスの発展と共に成長した産業の代表格です。

情報通信のプラットフォーム機能が向上は、目覚ましいものがあります。

スマートフォンやタブレットで、なんでも出来るわけを探りましょう。

情報通信がお客様と共に済んだ結果が、ネットワーク化された市場となった#

顧客ニーズを動かすシステムにフォーカスします!

 

インターネットアイコン

ネットショップ受発注システムはSNS共有技術$$

スマートデバイスの対象規格は、SNSとプラットフォームを経由した統合ソリューションであること。

つまり、内部管理区域と外部部門がリモートアクセス(いつでもデータ取れる)のが最低条件です#

自宅パソコンとタブレットがオフィス365で、データ共有できるなどビジネスが遠隔操作できる!

前提としてのイメージは、いつでも+どこでも+データ共有が基本方式となるでしょう。

サイト管理の情報が、リアルタイムで情報のやり取りが出来ようになったきっかけは 

売り場技術でなく、物流業界のIT化と情報デバイスの高速化が組み合わさった為 !!

㌽: ”プラットフォーム通信技術”という言葉を聞いたことはありますか?

プラットフォームとプラットフォームをSNS回線で、円滑に通信するシステムのことを指します。

M2M規格の技術も似たテクニカルを持ったもので、製造業のデバイスで必要不可欠です#

ネットショッピングの受け側(サイト側)から転送先の物流部(自動倉庫)へと ⇩

情報がやり取りされることになっています。

※イメージ

SNSは一般向け規格と企業用の通信方法が存在し、SNS通信がインフルエンザの関係をもった状態 &

点のデバイス機材がオペレーションを取る役目の、プラットフォームに集約されます。

中継基地のイメージで、連携され顧客エリアとサイト運用エリアや関係先のエリアが重なる。

重なった場所はリモートアクセスのエリアとなります。

 

Facebook-stories

スマートデバイスのあれこれと使用方法##

スマートデバイスは、私達の生活切っても切れない関係となりつつあり#

タブレットで仕事をして、プライベートはスマートフォンを使う。

端末機材を持たない日は、1年に何回でしょう。

<ポイントメモ>

リモートアクセスの機器で使われるデータ取得に関する通信の流れは⇩

①スマートフォンやタブレットからの作業内容確認

②通信回線経由のプラットフォーム統制を通過

③データファイルの検索や転送を開始(併用作業:情報セキュリティチェック)

④連絡メールなどの転送を同時に実施

🏁③で送信と受信のオペレーションを開始されます。

⑤内部と外部の分岐で暗号データ化

⑥スマートフォンやタブレットへファイルデータが到着します。

 

ソーシャルメディア

プラットフォームのリモートアクセス機能&

データはいつでも送信でき、いつでも受信ができないとスマートデバイスではない!

労働環境の変化で、事務のIT化ではなく作業効率から改善が必要な状況になっています。

付属のマイクロソフト・オフィスでは支援が出来るのですが ?

情報統合が上手く仕分けできないが上の、諸問題は未解決事件です。

リモートアクセスサーバー に対する画像結果

 

< 補強ポイント >

管理部はオフィスをもっと活用しましょう!!

事例① Excel(エクセル)のマクロやハイパーリンクで情報検索を部分的でも簡易検索#

事例② アクセスの顧客管理や伝票管理で、事業データを日々蓄積 +定期バックアップ

※ 定期バックアップはネットワークステーションなどレイド機能を活用(HDDの複数枚使用)

事例③ タブレットのデータと事務所端末は、データ共通化を図るとあわてない。

データ送信のフリーアドレス化とは?

フリーアドレスは情報セキュリティ対策で高度な暗号で構成されます。

アドレスの多数固定は不特定送信の温床となっています。⇩

たまに大量送信される「AJDSOFURG21UHFPGRQHKOD」みたいな

アドレスは、10進数と2進数のトリックのような構造です。

なぜ通過されるかは、携帯電話会社のサーバーが海外用アドレスには ##

未対応な技術も多数あると思われます。

技術を改善しても必ず、突破されるのは避けされません&

スマートデバイス機能は、ICTとIOTが混ざっていて完成率は低いこと。

では、総括します $

# 総合力こそ、最新ネットショッピングのネットワーク #

実はネットショッピングの販売攻勢が、ICT+IOTの混成ノウハウ!

自動倉庫はERP・SAPにFAもAIから丸ごとセットの機能です。

無線LANとサーバーやデバイスを共通システム化しましょう。

 

▼最後までお読みいただき、ありがとうございます。

■次回はSNS情報セキュリティの実体とフードサイトを記事にします。