SNSマーケティング情報セキュリティ技術+食品情報の技術

インターネットアイコン

情報セキュリティ技術+食品関連情報の仕組み▼

SNSや「e」コマースサイトから情報漏洩が、エスカレートしています。

なぜ防げないのかはニュースで詳しくお伝えしない事が多いです#

クローズシステム(非公開技術)である事実は、最近になって知られるようになりました&

情報に価値がある事は誰もが認める、情報がお金になるようになったのはいつから?

金融カードと会員カードが統合された頃から、個人情報を中心に狙われていました。

事務機能のIT化からハッカーとの戦いが始まり、一般ユーザーも対象になっております##

 

Chat

ハッカーとの戦いは臨戦態勢 👉 緊急発進の状態へ !!

読者の皆さんでコンピューターウィルスに感染し、修理やソフト購入した経験はありますか。

情報を奪うことが目的でハッキングする犯罪者は、初期PCのOS(オペレーティングシステム)でよくありましたが⇩

カード社会になって個人情報売買でお金を稼ぐ業界や犯罪組織のそうくつがいたちごっこの原理でなくなりません。

<ハッカーの小隊?正体>

ハッカーやハッキング社会問題は犯罪捜査で欠かせない技術、情報機関が扱う業務となっていることはご存知と思います。

プログラマーの仕事はなりたい仕事の1位(子供たち対象) ※うれしい

政府間の情報収集でよく、ハッキングしたしてないで外交問題になる理由は国家間が関係する事例である 

インターネットショッピング

▼用語の意味では 参照:http://e-words.jp/w/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC.html

ハッカーhacker

ハッカーとは、コンピュータ技術に精通した人。

コンピュータ技術を悪用して他人のコンピュータに侵入・破壊を行う者を指すことが多いが、

この用法は誤用が定着したものなので使用すべきでないとする人も多い。

本来、「ハッカー」という用語には悪い意味はなく高い技術を持った人々に対する尊称として使用されていたことから、

古参の技術者などの間には、技術を悪用する人々は「クラッカー」(破壊者)と呼んで「ハッカー」とは区別すべきであるとする主張も根強くある。

㌽// 正義の技術者と悪用エンジニアとの戦いと言っていいですね。

今、ITや情報の世界で何が起きているのか $$

軍隊は防衛のため情報セキュリティ対策を行い、任務で情報機関や官公庁も情報技術で1日”数千回”コンピューターウィルスが侵入しようと!

スクランブル発進 に対する画像結果

情報管理の危機管理センターは空軍のスクランブル発信に似た、運用体制を取っており「侵入警告」「危険ウィルス解析」を業務にしています。

遠隔操作や情報ファイル侵入のウィルスが侵入したら、警告記録と告知され緊急対応を即対策されます。

遠隔操作型のコンピューター感染が、個人情報や政府管理コンピュータ―で被害事例として起きて危機的な状況です。

他人事ではないコンピューターシステム感染はどのように、仕掛けるか一部だけ手順で紹介します。

{ PC💻感染の手順 ※は参照コメント

①ハッカーの感染プログラム作成(暗号ロジック等を組み込む)

②IPログの侵入先選定とターゲット企業や組織のアドレス獲得

③IPログへ感染プログラムを通信会社とユーザー通過を試験!

※携帯電話の迷惑メールは、フリーアドレス型のファイルが多いです。

④ユーザーPCの画面(HTTPの画面感染と個人PC侵入)を実施

※この段階では、潜伏していて分かりません。

⑤指令プログラムを送信され、ファイルの情報データを解読

⑥解読された情報を個人PCを踏み台に、国外等に一斉送信

⑦送信後はPCのデータは空か破壊されていて、正常に動かない若しくは ⇩

情報システムの構造プログラムが重くなってしまうことも。

トレーサビリティは社会的な使命&安全確保

食の安全や安心への信頼を確保する為のIT技術は、鮮度管理や原材料から製品まで情報追跡を可能にします。

トレーサビリティという賞味と消費期限に関する在庫管理や配送も含めた時間管理を実現している。

ブランド牛の生産情報で活用されるベース技術で、生産者の市場付加価値に欠かせない仕組みとなります。

製造ロス等の把握もしていて近年の問題で、廃棄食品削減に貢献されています。

健康志向の高まりなど消費者ニーズも、的確につかむことは企業として必要な経営活動と言えます。

㌽解説 < トレーサビリティとは? >

トレーサビリティtraceability 】 トレーサビリティー / トレサビ

 過程や来歴などが追跡可能である状態のこと、単にトレーサビリティといった場合は消費財や食品などの生産・流通の過程を履歴として統一的に記録。
消費者などが後から確認でき制度やシステムを意味して、食用牛の誕生から販売まで管理できます。
生育や流通過程を統一された個体識別番号で確認できる牛肉トレーサビリティは代表例です。

課題解決マップ(食品卸業のお客様)

参照の紹介:http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/solutions/industry/distribution/food-beverage/food/

倉庫管理システムの応用版と見て、読者の皆さんが食品商品をeコマースで買ったら!

ぜひとも、サイトから見れる生産地等の情報があります。

食の安全は情報確認から始まり、問題発覚や改善されたネット市場が出来ます。

🙍 最後までお読みいただき、ありがとうございます。

■ 次号は、「最先端ITのお話し」となります。