SNSマーケティング最先端技術のネットワーク統合

SNSマーケティング最先端技術のネットワーク統合

SNS市場とマーケティング技術を支えるテクノロジーは、私たちの生活をどこまで変えるのでしょう!!

フィンテックやクラウド情報分析はインターネットサイトに、運用基盤として重要なベース技術です。

AIとIOTがサイト市場管理の分野で、どこまで発展していこうとするか?

インターネットショッピング

フィンテックと家計簿SNSの市場価値とは&

フィンテックの技術は使用できるサービスから少し離れて、テクニカルどうのように関与しているか?

銀行や行政で使っていた送金システムはコンピューター誕生から始まり、

SNS家計簿が市場価値として一般ユーザー戦略は見える化した家計簿の提供と言えます。

㌽{ 一般的なサイトサービスの限界}

・銀行口座の利用から残高確認まで金融機関のネットバンキングと連動できます。

・入手金やカード利用の金額などの詳細項目を、AIに似た分析機能もあります。

・クラウドサーバーは100%ではない、利用範囲をすべての口座にしない。

※口座番号は基本的に解読されない、故障の状況等で再登録やデーター復帰保障は不確定です。

▼市場価値は変化して不安定

SNSの技術は基本構造で専門業界の存在で、価値創造としては革新的なテクノロジーを 

数年間で1技術を整備するので短期決戦的な営業が特徴的です。

技術視点でも10年のスパーン(期間)にはやりの波が、アップダウンして事業管理も苦労が多い。

売れる時期は決まっていて売れないとVerUPの経費も、研究開発として必要な業界です。

ネットワーク技術のイノベーションは最終段階?

イヤホンの高価格機種で位置情報やメール連動ができるようになりつつあります。

スマホ2台やスマートフォン+タブレットで、同時リンクと通話機能選択も出来ます。

医療分野ではCTやMRIと身体基礎に関する検査データで、情報BIと共有もリモートアクセス運用されています。▼

the 「ポイント」 - 

遠隔医療を念頭に置いたワイヤレス接続が、サービスの安全性と品質や製品の進化に敏感です。

特定の無線周波数 (RF) 基準を適切に選択できるかどうかは、製品の使用目的にぴったりの基準を決められるかどうかにかかっている。

実際には医療機器設計チームの多くは、産業・科学・医療用 (ISM) バンド内の基準を採用して導入から運用までされます。

これらの周波数帯での通信形態には、BluetoothやZigBeeと無線自動識別 (RFID) のほか802.11各種と事業LAN回線で運用中です。

<おまけ説明・・使える資料>

通信規格と最高通信速度/使用周波数帯

無線LAN規格 通信速度(最大) 周波数帯
IEEE802.11ad 6.7Gbps 60GHz帯
IEEE802.11ac 6.9Gbps 5GHz帯
IEEE802.11n 300Mbps 2.4G帯/5GHz帯
IEEE802.11a 54Mbps 5GHz帯
IEEE802.11g 54Mbps 2.4GHz帯
IEEE802.11b 11Mbps 2.4GHz帯

◇ 最先端SNS技術の特徴 ◇ 

共通の周波数帯を運用をすることで、医療やインフラとITは連動された機能として活用されています。

これからますますの情報化社会となるでしょう、私達はしっかりと技術の進歩は良く見守りましょう。

<最新技術のMPUとネットワーク技術>

ネットワークアーキテクチャによるワークロードの統合

ネットワーク・トラフィックは、世界中で爆発的に増加しています。

ネットワーク・プロバイダーは、このトラフィックの増加に対応するだけでなく、  

消費者やビジネス顧客に新たな収益機会をもたらすリッチで革新的なサービスを迅速に導入もできます。

共通でオープンな仮想化プラットフォーム上にネットワーク・リソースを構築する必要もあります。

オープンで仮想化された搭載サーバーは、最新の「データセンター」エコノミクスをネットワークにもたらし、

中心から末端までインフラストラクチャー全体の自動オーケストレーションが可能になります。

その結果、新規サービスの導入時間は数週間から数分単位にまで短縮が可能です。

さらに、リソースの使用率がネットワーク全体で最適化され管理時間と運用コストも削減できます。

●参照● https://www-ssl.intel.com/content/www/jp/ja/communications/4-to-1-communications-workload-consolidation.html

SDN(ソフトウェア・デファインド・ネットワーク)とは?

ネットワークの制御をハードウェアから切り離し、コントローラと呼ばれるソフトウェアで操作する手法です。

通信パケットがスイッチに到着した際に、スイッチのハードウェアに設定されたルールに従って通信パケットを転送する。

一方SDNではネットワーク管理者により、特定のパケットの優先や非優先、ブロックといったルールを詳細なレベルで変更することも可能#

これは特にマルチテナントのクラウドに有効で、トラヒックの負荷を柔軟かつ効率的に管理することが可能となる。

●参照● http://www.sic.ecl.ntt.co.jp/keywords/sdn.html

■ 最後までお読みいただき、ありがとうございます。

■ 次号は、SNS通信デバイスの携帯電話です。

  来週また追加します。   END