SNSマーケティング 携帯電話の技術と市場改革

socialnetwork

携帯電話の技術と市場改革#

トレンドとしての携帯電話ツールは、何を変えようとしているのでしょう。

検索機能と通話機能としての役割バランスが大きく変化しています。

文字の使用履歴から人の生活支援をしているスマートデバイスとしての、 ⇩

スマートフォンと通話+メールのガラ携帯で大きな市場変化があるようです。

snsマーケティングテクノロジーは、工業分野での利用普及について紹介します。

SNSコミュニケーションの活用とテクニカルの市場効果

通話の回数が携帯電話を初めて購入してから、話す道具でなく通信デバイスの位置となった。

多くの人がそう感じ「通話も使わないと!」気を付けながらも、なかなか改善できない。

メール機能の開発研究はリアルタイムで、連絡や報告そして情報発信(小売りなど)がいつでもやれる。

メール分析をIT市場で重要な基礎データとして、なくてはならない存在です。

A I とは【言語解析の歴史】

※参考文献

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%84%B6%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%87%A6%E7%90%86

「人工知能」という名前は1956年にダートマス会議ジョン・マッカーシーにより命名されました。

記号処理を用いた知能の記述を主体とする情報処理や研究などのアプローチという意味もあります。

日常語としての「人工知能(AI)」という呼び名は非常に曖昧と言えます #

スマートデバイスの家庭用として家庭用電気機械器具制御システムゲームソフト思考ルーチンなども利用されています。

開発するポジションとしてのプログラミング言語 LISP による「ELIZA」というカウンセラーを模倣した、

プログラムがしばしば引き合いに出されるが(人工無脳)、計算機に人間の専門家の役割を持っています<

エキスパートシステムと呼ばれる研究・情報処理システムの実現は、

人間が暗黙に持つ常識の記述が問題となり、実用への利用が困難視されている現状がある。

ポイント解説

AIの歴史は非常に長いテクノロジーとして、研究機関や情報産業と言われていた頃の情報通信業で使われていた。

企業の専門技術というより「普及の時期」がずれて通信インフラ的な認識ができたと言っていいでしょう。

Facebook-Workplace

コミュニケーション技術としてのSNS世界&自動車制御との共通化?

デジタル基盤という言い方をよく執筆者も、仕事の関係で使う「単語」であります。

情報通信の神経と中枢組織として、欠かせないパーツとなっています。🏁

自動車制御のSNS回線と携帯電話用は周波数帯域(Mhz)相違のみと認識していいでしょう。

整備用のシステムが、開発言語として共用化しているのもテクニカルのボーダレス化と言えます。

㌽ 解説 ㌽

自動運転技術(モビリティ)のIT&IOTとAIの融合技術になりつつある。

運転制御の技術は、後10年も経過すればスタンドアローン的な通信技術から 

ネットワーク化されたスマートデバイス関連の ”PoP” プラットフォーム ↹ プラットフォーム

への変革は間違えないと認識されるでしょう。

携帯電話の技術も絡み合っていろいろなクロステクノロジーとして、

私達の生活(ライフライン)の立ち位置で影響力は通信機器を使うユーザーとして知っていて「得」です。

遅延しない情報化社会の実現とユーザーの意識解析

SNS市場のテクノロジーとFA分野の共通項目は認識機能が、近年になって商品としても研究開発でも注目されています。

カーナビの音声認識と携帯電話の検索サイト用音声プログラムは、似た者 インターフェースと言っていいでしょう。

文字を打ち込むのはラインぐらいという利用者も多くなったのでは、メールはスマートフォンの利用をほとんどしない。

テレワークシステムも専用のメッセージソフト(CW:チャットワーク)を採用する傾向があります。

➡ CW/ チャットワークとは ?

クラウド型ビジネスチャットツール。ChatWork。

メールやSkypeなどのチャットツールの使いにくかった部分を解決したもの。

iPhoneAndroidなどのスマートフォンにも対応している。

キャッチコピーは「メールの時代は終わりました」。

運営会社はChatWork株式会社(旧社名:ECstudio)。

🔶参照 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C1%A5%E3%A5%C3%A5%C8%A5%EF%A1%BC%A5%AF

↱ まとめコーナー #

SNS市場は拠点オフィスの必要性がうすくなっています。

紹介のCWは執筆者のような、文屋さんから開発や技術支援の業界に欠かせないコミュニケーションの道具です。

将来はメールではなくCWやリモートアクセスで情報やメッセージを送る時代は遠くないでしょう。

📪 お知らせ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

次号は、夏前の準備として「 SNS美容サイトとおまけ記事+ 」です。

次回もお楽しみに !