Instagramでビジネス!話題のSNSで稼ぎ出すノウハウとは?

SNS ノウハウ

Instagramは2017年2月現在で既に月間アクティブユーザーが6億人を超え、今もっとも勢いのあるSNSとなっています。このインスタグラムを活用し新たなビジネスはないか、副業として行えるものはないのかと考えている方も多いと思います。

そこで今回は、Instagramを活用したビジネス、副業について案内して行きますので、是非このInstagramの波に乗り遅れないようにようにし、ビジネスチャンスを掴みましょう!

Instagramでどのようなビジネスがあるの?

インスタビジネス

Instagramを使ったビジネスは、検索をしてみると怪しい在宅ワークや副業の勧誘などが多く存在し実際に自分が損してしまうことも多くあります。

しかし、このような悪徳なものではなく、きちんとInstagramを活用したビジネスは存在し、実際に稼いでいる一般人の方も存在するのです。

Instagramを活用したビジネスの方法は、

  • グッズ・画像データを販売
  • アフィリエイトで稼ぐ

主にこれらの方法があります。

具体的にどのように活用するのか見ていきましょう。

>関連記事 : Instagramを活用した副業方法とは?成功事例から学び楽しく稼ぐ!

Instagramでグッズ・画像データを販売

Instagramは写真を投稿・共有するだけでなく、サイトを活用することで、自分のギャラリーを開設しグッズや画像データの販売ができます。

代表的なサイトは、

これらのサイトがあります。

Instagramで公開した写真をポストカード、ポスターなどとしてプリント形式で販売したり、自分のギャラリーに公開した写真をスマホケースやクッションなどとしてグッズ販売できるのが特徴です。

また画像データとして画像そのものも売ることもできます。

画像販売で1日に180万円の注文を受けた事例

実際に、画像データを販売し、日本円換算で1日にで180万円の注文を受け、60万円を手にしたことで話題になった「Arnold Daniel」さんという方がいます。

34歳の誕生日の前夜、失業中だったアーノルドは来月の家賃をどうやって工面しようか悩んでいた。突然ひらめいた彼は、インスタグラムに次のようなメッセージを載せた。

 「ハロー、僕はこの瞬間に34歳になった。この日一日だけ、僕のインスタグラムにある写真(4×6サイズ)をどれでも一枚150ドルで売る。こんな大安売りはもう絶対にないと約束する。もし興味があったら、欲しい写真のスクリーンショットを僕のメールアドレスまで送ってくれ。Paypalの請求書を送る。サイン入りの写真は、その後に送るからね。簡単だろ。僕の誕生日おめでとう。みんな大好きだよ。」

 物凄い反響があった。注文が殺到したのだ。その日の終わりまでに71枚の写真が売れた。アーノルドは15,000ドル相当の注文を受け、5,000ドルを手にした。

出典:インスタグラムで1日100万円稼いだ、NYの写真家が話題…

アフィリエイトで稼ぐ

Instagramは、FacebookやTwitterと違い、投稿に直接URLを貼ることができないSNSです。

URLが貼れないとアフィリエイトとして稼ぐことはできませんが、実際にInstagramでアフィリエイトを行なっている方もいるのが現状です。

Instagramでアフィリエイト行なう場合は、投稿ではなく、プロフィール欄をうまく活用することです。

既にInstagramでアフィリエイトを行なっている方は、このプロフィール欄に他のサイトへのURLを記載し誘導、そこでアフィリエイト報酬がでるリンクを貼るといった方法でビジネスチャンスを掴んでいます。

今読んでいて、InstagramにURLは記載できないんじゃないの?と疑問に思った方も居るでしょう。
InstagramでURLを記載できないのはあくまでも投稿部分です。プロフィールならURLを記載することができるので、ここを有効活用するのです。

Instagramで見にきてくれる方のニーズに答えられるような画像を投稿し続けフォロワー獲得がしっかりとできるのであれば、アフィリエイトビジネスとしても非常に使えるSNSへと豹変するのです。

まとめ

まとめ
今回は、Instagramで新たなビジネスはないか、副業として行えるものがないかについて案内してきました。

インスタグラムは今最も勢いのあるSNSなので利用しビジネスチャンスを掴むにはとてもよいツールと言えます。

今回紹介した方法以外でもちょっとした閃きが大きな成果に繋がることもあるので、是非応用し収入に繋げてみてはいかがでしょうか?